>特集>その事故車どうする?下取りか買取か悩む方に得する情報

事故車の手放し方は下取りがいい?

必ず一定額で買い取ってもらえる下取りの方が、事故車を売る時には一見得に思えますが、実は買取の方が高く買い取ってもらえることが多いです。

その事故車どうする?下取りか買取か悩む方に得する情報

交通事故

事故車の買取専門店へ売るのがお得

車買取業者の中でも、事故車を売るなら事故車専門業者が一番です。事故車専門の買取業者は、事故車の中からまだ使用できる部品やレアメタルを取り出し、それを販売したり再利用したりするということを行っています。これは、下取りしても廃棄してしまうだけの下取りと違って利益が出ます。これが、下取りよりも買取の方が高く売れる理由です。

下取りと買取の違いを知ろう!

新車購入特典

下取りは、新車購入の値引きサービスの一環として行われることがほとんどです。つまり、新車を買わない限り下取りはしてもらえないということです。

無条件にしてもらえる

買取は、新車を購入しなければならないといった制約なしに、誰でも受けることが出来るサービスです。大抵の買取業者は海外を商売相手にしています。

売ることができれば廃車料金の節約にもなる

買取業者に事故車を買い取ってもらえた場合、廃車手続きは買取業者側が行ってくれることになります。そのため1万円ほどかかる廃車料金の節約にもなります。

事故車の買取をするときのキホンの流れ

男女

査定申し込み

車を買い取ってもらう時には、まず査定を申し込むことから始めます。また業者によって査定額が大きく異なるので、高値で買い取ってもらいたいなら複数の業者に査定を申し込みます。

査定に来てもらう

買い取ってもらう時には実物を査定してもらいます。査定に来てもらっても、必ず売らなければならない訳では無いということを覚えておきましょう。

その場で契約

査定額に満足したら、その場で車の買取契約を締結するのが流れです。その場で現金を受け取り、事故車を引き渡すことになります。

廃車完了書類が届く

買い取ってもらった事故車の廃車は業者に任せるわけですが、業者が本当に廃車手続きをしてくれたかどうかは廃車完了書類が送られて来ることで知ることが可能です。